間の悪い選手権

台風がやって来るというのに、修正納品に行ってきた。

会社を出ると、ものすご~いどしゃ降りで、
傘があっても肩がぬれるほど風も吹いていた。

ぬれた足にサンダルで滑りながら地下鉄の入り口まで歩いた。
地下鉄に乗って神田まで・・・
地上に出たら小雨になっていてちょっと損した気分。
『ちっ!なんてタイミングの悪い時に出かけたんだろう』

急いで昼ごはんを食べて(20分で中華の定食はつらいよ)
そいでもって納品作業。
終了したらほとんど雨は降ってない♪
お客様からも「今がチャンスですね」なんて言われて帰ることに。

思ったより早く終わったので、
同行してくれた仲間とコーヒーやさんで一休み。
半分飲んだあたりで営業の携帯にさっきの会社からTEL!
近くにいたので急いで戻ることに・・・あっ!
もんのすご~いどしゃ降りで、暗い気分をますます暗くしてくれた。
『ちっ!なんでこうなるんだよ~タイミング悪すぎ~』

川のように流れる水をよけながら客先に戻り、
エレベータに乗ったらまたも電話が・・・
客先に入ってから会話が成立。解決しましたとさ。
『ちっ!あと10分コーヒー屋にいたらぬれなかったのに!』

救いは、お客さんが自分で解決していてくれたことってことで、
まぁいいや。
[PR]
by hifumiffy | 2005-08-26 02:46 | ひとりごと | Comments(6)

羨ましがられて

来週の出張、会社の人たちからも
「いいなあ~」「2回目の夏休みですね~」などと言われるが、代わりに行って欲しいのである。

本当に、本当に、飛行機が怖いのである。。。ものすごく憂鬱なのである。
緊張ですでに眠れなくなり始めているのである。
離陸時には、涙がこぼれるほどの怖がりなのである。

確かに、到着後は自分の好きなことの勉強なので、
大の苦手の英語もそれほど苦にならないが、とにかく飛行機が怖いのである。

羨ましがられてしまうので、怖いから嫌だと、愚痴のひとつもこぼすことができないのである。
[PR]
by hifumiffy | 2005-08-24 02:19 | ひとりごと | Comments(4)

荷造り下手

この土日は、今度の土曜日に出発する海外出張のための準備に追われてしまった。
ほんの少し前に実家から戻ったばかりだというのに、また荷造りである。

前々職はガイドブックを作る仕事に関わっていたため、かなりの頻度で旅行していた。
そのため、荷造りといわれてもすぐに用意できてしまって、荷造りの気合など必要なかった。

ところが最近はほとんど出張もなく、実家に帰る時は車で帰るので、
適当に荷物を持って車にのればそれでよかったりして、荷造りなどしていないのである。

スーツケースを引っ張り出してみて、これは使いづらい・・・ということであわてて買いに走った。
日本食が食べたくなるかもしれないと、味噌汁なども詰め込んだ。
(若かりし頃、海外旅行に行く時はこんなこと考えもしなかったのに・・・)
飛行機でさみしいといけないので、今更ながらiPodShuffleを買って準備した。
久々の英語圏に、かなりびびりが入っており、英語の電子辞書まで購入した!

ようやく買いそろったのが日曜日の夜。それから荷造り。
そしてさっきようやく衣類以外の準備完了である。やったぁ~\(^o^)/

横で家主が見ていて言ったのが「荷造り下手」の一言であった。
いきなり疲れが・・・ ○| ̄|_
[PR]
by hifumiffy | 2005-08-22 03:01 | ひとりごと | Comments(2)

今年の1月に納品させていただきましたお客様、
納品後のアフターケアーは1ヶ月のお約束となっております。
「もう少し待って」とおっしゃいましたので、私どもは特別3ヶ月、延長させていただきました。

8月の初旬にいただきましたご連絡、
「完全納品はまだですよね?」というのはどういうことでございましょう?
「前回はベータ版の納品でしたよね?」とはどの口でおっしゃっているのでしょう?

納品のご連絡はメールにて行っておりますし、その後のやり取りもすべて残してございます。
ベータ版の納品日は昨年のこと、
今年の納品は正式なデータ入りの完成版としっかり明記しております。

さあ、次はどのようにお答えいただけるのでしょう。楽しみでございます。
[PR]
by hifumiffy | 2005-08-21 04:54 | パソコンのこと | Comments(3)

変わった漬物

b0060091_040392.jpg

なんと「とうもろこしのしょうゆ漬」だ
[PR]
by Hifumiffy | 2005-08-19 00:40 | 食べもののこと | Comments(4)

観覧車

b0060091_21511848.jpg
名古屋の街のど真ん中に、観覧車が・・・

ちょっと前にできていたらしい。
いっしょに出かけた母が
「これ、こないだ友達と乗ったんだよ」
と、観覧車のあるビルに連れてきてくれたのである。

やっぱ乗らなきゃでしょう・・・と思った私は
「一人500円もするからもったいない」
という母の言葉を振り切って、
二人分、二枚の500円玉を握りしめ、
さっさと観覧車に乗ったのである。

b0060091_2151308.jpg
乗ってすぐに後悔した。
もともとビルの途中から始まる観覧車は、
最初から高いところにあるわけで、
上に上がるとめちゃめちゃ高いのである!
\(◎o◎)/!

乗って1分もしないうちに目を閉じた私・・・
「空を見ろ」といい続ける母。
無理を承知でそっと目をあけ大泣きする私・・・
「・・・」あきれる母。

「だからもったいないって言ったのに・・・」
降りる時にぼそっとつぶやいた母の言葉が妙に心に響いたのであった。
[PR]
by hifumiffy | 2005-08-16 22:13 | 名古屋のこと | Comments(3)

広い道

b0060091_2143793.jpg
名古屋の車道は広い。
うちの近所も片側だけでも4車線、中央分離帯あり。

当たり前のように見ていたので、気がつかなかったけど、
こんな道があるから、以外に空が広いんだなあ・・・と、
雨降り前の曇った空が見える道端でふと思ったのである。
[PR]
by hifumiffy | 2005-08-16 21:45 | 名古屋のこと | Comments(0)

ツリーハウス

b0060091_3452322.jpg
姉の旦那さんは庭師である。
植木屋だと思っていたら違っていて「造園業」というらしい。
植木を刈り込むだけでなく、お庭のプロデュースもするらしい。
結局いまだによくわかっていないのだが・・・

昨年から、趣味と実益を兼ねて?
友達と「ツリーハウス」とかいうものを作っているらしい。
この夏休みに一度見に行くことになった。

行っておどろいたのが、高さである。


ツリーハウスってのは、木の上に作る家のことらしいが、
こんなに高いところに作っているとは驚いた!
高所恐怖症の私には上がることなどできそうもない。

今はまだ骨組みがようやくできただけらしいが、これから壁や屋根を作るという。

電気のこぎりがあったので、一度使ってみたかった私は、
「切りたい」とわがままを言い(姉のだんなは私より年下。わがままな義妹に苦労している?)
電気のこぎりを使う前の防腐剤塗りからお手伝い。
ちゃっかりツリーハウス作りに参加した気になって帰ってきたのである。

家に帰って姉に「私もツリーハウス作った」と自慢!
姉も「それじゃあ私も釘の一本くらい打っとこうかしら?」とやるき満々。

姉のだんなの楽しみは、家族みんなの楽しみになってきたようだ。
[PR]
by hifumiffy | 2005-08-15 04:04 | 家族とのこと | Comments(2)

たった2回しか行っていないので、会場内のすべてを知っているわけではないが、
私にとってのナンバーワンがこれ。

b0060091_133168.jpg
のびーるアイスクリーム、トルコアイスクリーム
どんどるまんのパフォーマンス!

実はこの写真はアイスクリームをかき混ぜているだけで、
一番のパフォーマンスのシーンではない。
(パフォーマンスシーンは顔がもろ出ているため
最近流行の個人情報保護法も気になってしまって
私個人の思い出写真集に入れるまでにした)

一番面白いのは・・・アイスをもらう時。

まず、レジでお金を払い、コーンを受け取る。

受け取ったコーンをもってお兄さんの前に立つと、
お兄さんがこの長い棒の先にアイスをとって、
コーンの周りを2~3回くるくる・・・
びっくりしてるとコーンにちょこんとのせてくれる。
のせてくれるというか、くっつけるというか・・・

アイスクリームにコーンがくっついて、
そのまま棒を上に上げたりまわしたり・・・

ひょいと私の手の前に差し出すので取ろうとすると、
またひょいと逃げてしまう。

もう一度取ろうとする。取れず。もう一度・・・
何度か取れずにいると、今度はお兄さんが手に持って渡してくれる。

ようやく手にすることができる・・・と安心して受け取ろうとするが
またもくるん 「あっ!」

・・・落ちたかと思ったらお兄さんの手の内側に隠していただけ(手に触ってないのもすごい)

きょとんとしている私をみて、お兄さんはにっこり。
とっても楽しい!私もにっこり。
するとお兄さんが「サービス」と小声で言いながらちょろっとアイスクリームを付け足してくれた。
「Thank you!」と言うとお兄さんがにっこり『ありがーと』
またまた楽しくなって「ありがとう!」にっこりである。

このパフォーマンスがとっても楽しくて
食べながら10分くらいお兄さんのパフォーマンスを見ていた。
お兄さんがちらっとこっちを見て『おいし?』と聞くので「おいしい!」と手でグッドサインを送る。

大人も子供も本当に楽しそうに笑って帰っていく。
言葉はなくてもこんなに楽しませてくれる。しかもアイスクリームだけで・・・

ずっと見ていたかったが、いつまでも見ているわけには行かない。
名残惜しいが退散すること・・・
帰ろうと歩き始めるとお兄さんとまた目が合った
(さすがにこんなにず~っと見ている奴はいないんだろう)
お兄さんが手を上げて「Bye」と言ってくれたので「バイバイ」と手を振って返した。
ちょっとしたコミュニケーションがとれたってことだろうか。

これは是非見に行って、というか楽しむためにもアイスクリームを食べてもらいたい!
ちょっと舌触りが他のアイスクリームと違って、パフォーマンス抜きにしても食べる価値あり。

このアイスクリームのパフォーマンスを見ていただけで「トルコに行ってみたい」と思った。
すごい引き込まれようである。

もうひとつ、このアイスクリームのパフォーマンスに欠かせないものがあった。

BGMで流れていた「どんとるまん」の歌である。
妙に耳に残るメロディーと歌詞。
♪~
どんどん どんど どんどるま~ん
どんどん どんど どんどるま~ん
・・・
不思議な伸び~るアイス
どんどん どんど どんどるま~ん
・・・
日本の皆さんメルハバー
僕の名前はどんどるまん
・・・
~♪
なんとも耳に残る曲である。

ホームページもあるらしかったので開いてみたら、なんと曲が流れてきた!
開くだけで曲が流れるので注意!

どんどるまん

あのパフォーマンスとこの曲とお兄さん。
お兄さんの絶妙なパフォーマンスは必見だ!
[PR]
by hifumiffy | 2005-08-13 02:06 | 旅したこと | Comments(4)

誕生日プレゼント

b0060091_185328.jpg
今日は私の誕生日!
昨日一緒に買い物に行った姉に買ってもらったプレゼントがこれ。
入浴剤のセット。

「森のいぶき」というネーミングも渋いが、
入浴剤の香りも渋い。

「えぞまつの香」・・・大雪山の蝦夷松
「けやきの香」・・・・・会津磐梯山の欅
「しらかばの香」・・・上高地の白樺
「すぎの香」・・・・・・・屋久島の杉
「ぶなの香」・・・・・・・白山連峰の撫
「ひのきの香」・・・・・飛騨高山の檜

我ながらいきなりの「大人嗜好」にびっくり。
それぞれの香の違いがわかる人になったらもっとびっくり?
[PR]
by Hifumiffy | 2005-08-13 01:08 | 携帯から取り急ぎ・・・ | Comments(9)