東京へ…

今日の午後、東京に向かいます。
いつも考えてしまうのですが、
東京に「帰る」のか、東京に「行く」のか…どっちなんでしょう。

私にとって東京は人生で一番長く暮らしている場所です。
東京都内で引っ越しはしているものの、山手線内のだいたいの場所は行ったことがある場所になりました。
それに比べて名古屋は生まれた場所ですが東京ほど知った場所ではありません。
ですが、親兄弟がいる大切な場所なのです。

それで私は考えてしまうのです。
東京に「帰る」のか、東京に「行く」のか…。

どうでもいいことなんですが、気持の問題なのですが、気になってしまうのです。
それでよく使うのが
東京に「向かう」
なのです。

どうでもいいことなんですけどね。
[PR]
by hifumiffy | 2008-08-17 02:29 | ひとりごと | Comments(2)

誕生日

今日は誕生日です。
「もうそんなうれしい年でもないでしょう」などと言われる年ではありますが、
いくつになってもうれしいと思います。

最近、夏に行われるカンファレンスに参加するようになり、
誕生日に一緒にいられない年が続いていました。
今年は家族と一緒に祝えます。

天気次第ではありますが、明日もプールに行く予定。
姉の家族4人と家主くんといっしょにプールです。
夜は両親もいっしょに家でカニを食べる予定です。

この季節に…という話もありますが、
私の大好きなカニを家族みんなで食べるのが何よりもうれしいのです。

今回の帰省前、父が狭心症で1週間ほど入院していました。
けれど母は私には教えてくれませんでした。
心配性の私が大げさに心配するのを心配したようです。
ちょっと悲しかったです。せつなかったです。私も家族なのに…

私は今年(今年度かな?)で仕事を整理し、名古屋に戻る予定です。
年老いた両親のそばにいたいという親離れしていない私の気持です。

高校卒業と同時に上京し、ずっと親元を離れて暮らしていたため、
母がときどき他人に話している言葉が悲しかったのです。
「私はこの子たちの娘時代をよく知らないんです」
そうかもしれません。
そしてその分?私も両親の人生を知らないのです。

親孝行をちっともしていないこと、
いっしょに楽しい思い出を作っていないこと…後悔したくないのです。

ここ数年、人生の全てが仕事ではないかと思うような生き方をしてきました。
楽しいこともありましたが、家族のことを二の次にしていたのは事実です。
いざというとき助けてくれるのは家族だというのに…。
家族だけは何があってもどんな形であれ味方になってくれるというのに…。

昔に比べて皺が増えた父と母の姿を見ると、具体的に何かできるわけではないけれど、
いっしょに暮らし、少しでも支えになれればと思うのです。

不安はたくさんあります。
この年になって一度も働いたことのないところで仕事がみつけれるのか?
自分自身、健康な体に戻せるのか?
とか…。

でももう足踏みしていられないんです。
迷っていたら時間ばかりが過ぎてしまうのです。
私は家族がいっしょにいられることが何より大切なのです。

誕生日、今年はうれしくて少しばかりせつない誕生日です。
[PR]
by hifumiffy | 2008-08-13 01:21 | 家族とのこと | Comments(2)

苦手な飛行機に乗って今年もアメリカで開催されるConferenceに参加してきました。

今年は3年前と同じアリゾナ州のフェニックスという砂漠にある街で開催でした。
泊まったホテルの庭にも当たり前のようにこんな立派なサボテンがたくさん生えています。
b0060091_1314166.jpgb0060091_13142774.jpg

 
暑いんです、外は。特に日が当たる場所は大変です。
暑いし、焼けているのがわかるほど肌が痛いし…働いている人も大変ですよね。
その反動で?ホテル内は寒いんです。フリース着てても寒いくらいなんです。

・・・ゴアさん、世界中をまわって資源を大切にとかエコを訴えてますが、まず自国からでは・・・
な~んて思ったりするほど冷やしてました。
あまりの寒さに今年初めて、いったん冷房を止めてくれたのですが、とたんに暑くなる室内…
ほどほどに冷やすことができないんでしょうかね・・・

今年はConferenceの後にもうひとつ楽しみがありました。
フェニックスの帰りにラスベガスに立ち寄り、
「LOVE」というビートルズナンバーをテーマにしたシルクドソレイユのショー!
私はビートルズが大好きで、中高生のころはビートルズシネクラブの会員でした(古い?)
楽しみのためにConference終了後、すぐにホテルを出て空港へ…ラスベガスに3泊です。
b0060091_13225461.jpgとここでハプニング!
予約してあった便が欠航です。。。
1時間後の便に振り替えてくれたのでよかったのですが、
アメリカではこんなこと当たり前?
係員のお姉さんたちもにっこり笑顔で
「欠航よ♪」って言ってくれます。



ラスベガスは3回目です。最初は母と姉と三人で旅行した15年くらい前。
そのときよりもホテルは増えてるしショーの数も増えてるような気がします。
最初のときに泊まったホテルは「Flamingo Las Vegas」。
映画「バグジー」を観て泊まろうと思ったホテルなのですが
実際に泊まってみて華やかさに驚きましたが、今では周りにたくさん新しいホテルが立ち並び、
少し控え目にすら見えました。
b0060091_13325393.jpg



昼間のストリップ(ホテルが立ち並ぶストリートのことです)は暑い!
b0060091_13543686.jpg歩きたくないですが、歩きましたよ。。。
倒れそうに暑くて、しまいには少々熱射病?
気持ち悪くなるほどグラグラしてしまいました。
すべての建物が巨大すぎてて、
すぐそこにあるように見えるんです。なので
「歩けるだろう」なんて思うのが間違い!

5分で着くかと思うと30分かかったりするのです。恐るべしラスベガスです。。。

今回観た有料のショーは2つ。
ホテルBELLAGIOでシルクドソレイユの「O(オー)」と
ホテルMIRAGEでシルクドソレイユの「LOVE」。

それ以外に無料のショーがたくさんあるのですが、
お約束?BELLAGIOの噴水ショーと、
今回泊まったホテルTI(元Treasureisland)の「The Sirens of TI」を観ました。
すごい迫力です。ラスベガスに行くことがあればぜひ観てみてください。
b0060091_13523785.jpg


b0060091_14123846.jpg



b0060091_1482636.jpg今回はシンガポール航空で移動したのですが、お勧めですよぉ!
CAの女性は本当にきれいな人ばかり!
それでいてやさしいし気さくな感じです。
機内食を配る時にまわってきたCAさんが私のMiffyをみて
「かわいい(もちろん英語)」
とニッコリスマイルしてくれました。私もニコニコ。
するとCAさんの美しい手がそっとMiffyにのびてきて、
私の隣の席(空席)に座らせてシートベルトをしてくれました。


今年も無事に帰ってこられました。
勉強になったこともたくさん、楽しかったこともたくさんあります。

またしばらくは?がんばってみようと思います。
[PR]
by hifumiffy | 2008-08-02 14:17 | 旅したこと | Comments(0)