<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

父の行動

2011年10月17日、私が長年いっしょにいる相方のお母様が亡くなりました。

相方が嫌がるというのもあり、私はあまり相方のご両親とは会っていませんでしたが、
それでもお母様とはたまーに…手を振るくらいの挨拶でしたが顔を合わせることがありました。

うちの父も母も相方のことを家族同様に扱ってくれていました。
なので母に
「○○さんのお母さんのお通夜かお葬式に出席してくれるよね?」
と聞くと
「私は行かないよ。あんたの友達だからあんたが行くのはいいけど私が行くのはおかしい」
と言うのです。
「え?なんでそうなるの?うちのばあちゃんの葬式のときは家族席に出てもらったくらいじゃない。
 私は出てほしい。」
と言いました。
すると母は
「パパに聞いてみるけど、行かない方がいいって言うと思うよ」
と言うのです。

ちょっと腹が立ちました。今まで彼にはとてもよくしてもらっているのです。
私のことだけじゃなく、家のこともいろいろ手伝ってもらっているのです。
なのに、こういうときだけ結婚していないから家族じゃないから失礼だと言い出すなんて…。

家族として出席する必要はないし、
親しくしてくれている人の大切な家族が亡くなったのに、その考え方はなんでしょう…。

ものすごく嫌な気持ちのまま、今朝起きていくと、
「今日、私も行くから…パパが行った方がいいって言うから」
と母。
「パパは?」
ときいてみると
「行かないでしょう」
と母。
「なんで決めちゃうの?…パパさん、お通夜に行ける?」
と父に聞いてみると
「行こうかどうしようか考え中」
というので
「足が痛いの?」
と聞くと
「そうでもないから、行けるかなぁって思ってるんだけどな」
と父。
…ほら、行ってくれるじゃない。というより、
母より彼のことを家族としてあつかってくれているように思えました。
すごくうれしかったです。
父が自分から行くと言ってくれたことが…。
彼もとても喜んでくれました。うちの父まで来てくれるとは思っていなかったみたいなので…。

ありがとう、パパさん。
彼のお母さんも「○○はひとりぼっちじゃない」ってわかってくれて、
少しは安心してくれたと思うよ。
[PR]
by hifumiffy | 2011-10-19 00:50 | 家族とのこと | Comments(0)

2007年桜とともに…


by Hifumiffy
プロフィールを見る
画像一覧