<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

人と向き合う

最近、うちはパソコン一家です。

数年前からパソコン教室に通っていた母は、
今ではお年寄り向けの教室の先生の補佐をさせていただくほどになりました。
パソコン教室に行くのは週に一度…
父の面倒をみるストレスから解放される週に一度の楽しみの日になっているようです。

家でも毎日パソコンに向かい、カレンダーを作ったり、ブログを書いたりしていて、
カレンダーは毎月はがきに印刷してお友達に送っているようで、
たまに会ったお友達に「上手ね」とほめてもらったとよろこんでいます。

長年ワープロしか使っていなかった父はというと、
捨ててしまったワープロがもう売っていないとわかってから、
意地でも使わないと言わんばかりだったのですが、もともとテレビマンだった性でしょうか、
家庭用の機械を使って、自分で撮った孫たちの成長期を編集したり、
今は自分史を作るのに夢中です。

で、これが家庭用の機械では思うようにいかないらしく、ついにパソコンデビュー。
あれよあれよというまに使えるようになってきて、
素人目に見てても出戻りが多いのですが、
今ではなんだかよくわからないけど無料のアプリを使って
自分のやりたいことが少しずつできるようになってきたようです。

パソコンでぼけ防止…なーんて思っていたのですが、
よくみていると、父も母も、そんなにパソコンに頼って生きている訳ではなくて、
パソコンで楽しみが増えたという感じなのです。

父はもともと手書きで文字を書いていることが多い人でした。
手に力が入らなくなってきてペンをもつのもつらそうなのに
今でも手書きで資料を作っているのです。

父が作るビデオ(厳密にはディスクですけど)はプロ仕様…ちゃんと企画・構成をしているんです。
BGMもストップウォッチではかってどこに入れるか決めて手書きの資料に書き込んでいたのです。
なので、ずーっと机に向かって文字を書き続けていたりする日もあります。
それが最近文字を書くことなんてほとんどない私には新鮮にみえるのです。

私はというと、パソコンで食べているので必死というのは仕方ないのでしょうが、、、
パソコンに頼って生きているような気がしてならないのです。
パソコンが調子悪いと気持ちが落ち着かなくなって不安でいっぱい…
ついにはパニック発作まで起こすようになる始末です。

父と母をみていると、うまくパソコンを取り入れて生活しているような気がします。
ほどほどに…父の場合はちょっとやりすぎな日もあるけど、
データが消えたからといって大騒ぎするようなこともありません。

今って、パソコンも一家に一台からひとり一台の時代になりつつあり、
スマートフォンなんていう便利なもののおかげで、電車に乗ると笑えるほど、
みんなスマホに夢中です…私も含め…^^;

仕事だから仕方ないとか、時間内から電車の中でも…っていうのもわかるんですが、
せめて人といるときくらいスマホをしまって、
前にいる人に向き合える…そんな心の余裕をもつ生活がしたいな…と
手書きで文字を書く父や、テレビをみながら大笑いしている母をみながらふと思った一日です。

[PR]
by hifumiffy | 2014-08-19 02:57 | ひとりごと | Comments(0)

2007年桜とともに…


by Hifumiffy
プロフィールを見る
画像一覧