父の照れ笑い

うちの父は食べ物をよくこぼす。
手に力がなくなって…というのではなく…

食事をする姿勢が悪いから!

というあまりにも情けない理由によりこぼす( -_-)

よって、食事中には母と私に
「ちゃんと椅子に深く座って食べなさいよ」
だの
「ほら、手にもって食べてよ」
だの
「もっと机の上でやりなよ」
と言われることも多い。

まぁこうるさいとは思うけれど、
こぼしたものを拾うのは母か私…掃除機かけるのも母か私…
そりゃ言いますよ。こちらもそうそう拾いたくないし…

本日は鰹節を大袋から取り出そうと、
反っくり返った姿勢でお腹の上でゴソゴソ…

当然母と私に
「ちょっと、そんなとこでやったらこぼすでしょう!」
「ちゃんと座りなよ」
と言われ、一旦無視(-_-メ)

しつこい私に
「こぼすって言ってるでしょう!ちゃんと聞きなよ!!!!!」
と言われ、
「うるさい!」
ムッとして答え…鰹節を取り出し…

案の定、
お腹の上に鰹節がヒラリ舞い落ち…
時が止まった…( -_-)

一瞬の間のあと、
母に
「あぁあ、だから言ってるでしょう」
私に
「ヘタクソ」
とほぼ同時に言われた父。

言い返さないんだ…無視か?と見ると
「ふぇっふぇっふぇっ…」
笑ってる(・・;)

さすがにばつが悪かったらしく、
笑ってる…

まったく…子供じゃないんだから言うこと聞けよ…と思うのもあるが、
なんだかほのぼのとした夕食だったような気がする(~_~;)
[PR]
# by Hifumiffy | 2015-09-28 01:43 | 家族とのこと | Comments(0)

お気に入りのモノたち

捨てるに捨てられない写真がありまして、
どこかに残しておきたいな…と思いましてアップさせていただくことにしました^^;

こっそり?お気に入りのキャラクターがあります。
b0060091_0542669.jpg

覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、、、
10年前に開催された「愛・地球博」のキャラクター、
モリゾーくんです。
モリゾーとキッコロという2体のキャラクターがいるのですが、
かわいいキッコロよりもモリゾーくんがお気に入り。

今も万博後に公園として残されたモリコロパークに行くと
キャラクターグッズが売られているようで、
うれしくて買ってしまいました♡


つぎは・・・
昨年の夏のアメリカでのお買い物で気に入ったうさぎの形のお菓子。
ネットで調べても日本での販売はなく、
今年もアメリカに行くことになっていたので買ってきたのがこれ!
b0060091_123691.jpg

b0060091_125374.jpg

かわいいし美味しいんです。
今年はLA近くの友人の妹さん家族の家に寄らせていただいたのですが、
最初に行ったスーパーにはなくて、
「うさぎのクッキーが買えなかったのが心残り」
と言ったら、
「あ!それ知ってる。多分別の店には売ってるので明日行きましょう」
ということで別のスーパーに連れて行ってもらってまで購入しました。


つぎは・・・
自宅でやっている教室に1年以上通ってくださるお客様がくださったお土産なのですが、
藍染めのしおりです。
b0060091_164365.jpg

久しぶりに藍染めを手にして、
通っていた女子校では毎年いろんな手工芸をやらせてもらったことを思い出しました。
織物や染物…染物ではろうけつ染めや絞り染めをやらせていただき、
そのときは面倒だわと思っていたもののできるとうれしかったことなど思い出しました。
いいものですね。日本の伝統的な染物。
ありがたく頂戴いたします<(_ _)>

ちなみに、
お客様はお城が好きなご夫婦で、このお休み中に新潟方面に出かけたそうです。
これは新潟の新発田市のお土産だそうです。
泉屋染物店というお店だそうですが、他にもいろいろありそうです。
近くに行くことがあればぜひ行ってみたいと思います。


最近、いろいろ整理しなくちゃと思っていることのなかに
写真の整理がありましたので、ここにアップして
自分の手元からは削除…ということにしましょう♪
[PR]
# by Hifumiffy | 2015-09-24 01:13 | ひとりごと | Comments(0)

牛肉も食べていいらしい

一昨日の夜、家族でテレビを観ながら食事(うちでは昔からの習慣)。

牛肉を食べてもいいらしいというので、じっくり観てしまいました(笑

血圧が高めのときは「サーロイン」
ブロッコリーと一緒に食べるのがおすすめだそうです。

夏風邪をひいたときは「テール」
テールスープにネギを入れて食べるのがおすすめ。

夏バテには「レバ」
レバニラがおすすめ。

ダイエットには「ヒレ肉」
赤身全般、まぁいいらしい。

肌荒れには「牛すじ」
ネギを入れた煮込みがよいらしい。

その他、カルビ(バラ肉のことだそうです)は疲労回復に、
タンはストレス解消によく、タンのチンジャオロースーがいいらしい。
ミノやギアラ、ホルモン、ハチノスなどは骨にいいらしい。

おぉ〜牛肉だけ食べててもいいの?
なんて思ったらやっぱりそれはよくなくて、
何でもほどほどに…とのこと。

それにしても牛肉食べていいっていうのはうれしいなぁ。
というお話でした。
[PR]
# by Hifumiffy | 2015-08-20 02:00 | 食べもののこと | Comments(0)

両親の金婚式

2015年4月11日、両親の金婚式だった。

3年前、体調が芳しくなかった父は、親戚を招いて気の早い金婚式のお祝いの会を開いた。
本人の弱気などなんのその…無事「本当の」金婚式の日を迎えてくれた。
さすがに2回もお祝いの会ってのはちょっと…ということで、
父が企画してくれた身内だけの一泊旅行。
両親と姉一家と姉の旦那さんのご両親と私と私の彼の10人で、
50年前、両親が新婚旅行で行ったというホテルに行った。

今思うとなんでこんなに近場に新婚旅行?というくらい近い場所だったけど、
今の父の体力を考えると、ちょうどいい距離の旅行。

出かける前にみんなでプレゼントを渡した。
甥っ子姪っ子に作ってもらった手作りのちぎり絵と折り紙、
姉からのカードと結婚した日の地元の新聞の一面と二面、
私からはここ数年の両親の写真の寄せ集め…
喜んでくれたみたいでよかった。

甥っ子姪っ子が楽しめるようにと遊園地で過ごす時間をたくさん用意し、
歩くのがつらいはずの父が一生懸命歩いていた。
みんなに迷惑をかけては…という場所では、嫌いな車いすにも乗ってくれた。

嫌いなことを我慢してまでも
みんなが楽しめるようしてくれる父の優しさがまぶしかった。
この日のためにがんばってた父の姿を見ていただけに、
涙が出そうになった。
おかげで本当に楽しい旅行だった。
いつも父の世話に忙しい母も楽しそうに見えたけどどうだったんだろう。

また新しいイベントを企画してくれるとうれしい。

よくけんかする両親だけど、けんかするほど仲がいいとは正しく…
元気でがんばっていてくれる両親に感謝しつつ、
来年もまたその次の年もみんなでお祝いができることを願っている。
[PR]
# by Hifumiffy | 2015-04-14 01:37 | 家族とのこと | Comments(2)

後悔していること

久しぶりにこちらのブログに来てみた(って自分のブログほったらかし…バレバレ)

で、久しぶりに大好きな方のブログも読ませていただいて、
うーむ…と考えてみたこと…それが後悔していること…。

私の人生、まだ終わってないけど、
やり直せるなら短大に入学したときからの人生をやり直したいと思う。

夢を持って上京し、希望の学校に入学するまではがんばったけど、、、
入学してからがんばったか…というと、もっとがんばれたと今なら思う。
っていうか、、、
若さゆえ…と自分で言うのはおかしいけれど、
なにやってたんだろう…と今なら思う生き方してた。
何してたかっていうと、
簡単に言うと…言葉が悪いけど


男に走った

ってこと・・・(汗


結果、今の自分があるわけで、
後悔先に立たずとはこのこと…

家族も作らず、
独りのまま、
このまま老いの心配をしながら生きて行くのかと思うと
「はぁ〜あ…」
ってな感じのため息しか出てこない。

これ以上の後悔をしないため?親元に帰ってきたけれど、
一緒にいると言いたい放題だったり…
「親に向かって何言ってるの?」と自分が嫌になる。

これじゃぁ今も後悔しそうなことしてるような気がするんだけど…

なかなか後悔は先にできないなぁ…など、
ため息な感じな今年初めてのブログ記事。。。
[PR]
# by Hifumiffy | 2015-01-27 01:46 | ひとりごと | Comments(2)

ひとりで仕事をし始めて3年半が過ぎ、
まだまだと思うことも多いのですが、ペースもわかってきました。

長年お世話になった会社では開発の仕事をしていました。
営業と開発とふたりで担当するのですが、
基本、開発するのは一人。
お客様の業務をしっかり理解して開発するのは結構大変でしたが、
それほど苦手ではありませんでした。

「よくわかるねえ」「うちの仕事、うちの社員より詳しいね」
とお客様に言われることも多かったのですが、
そりゃそうです…わからないで作ることはできないし、提案もできません。
必死でしたもの…そう、ホントに必死でした。

今、それをすることができるか…というと、、、

多分

ムリです。。。

やりたくないし、できないし…

うちに帰ってきた理由は両親の面倒見るためだったのに、
気がつくと
「あんたは仕事があるからいいわ。お姉ちゃんに頼むから」
などと言われている今の自分にがっかりです。

なんでこうなったかというと、
しゃかりきになって働いてしまうから…というのと、
どうしても一人でやってる甘さが出てしまい、
怠けてしまって納期間際に必死になる生活をしているから、
気持ちだけは常に焦ってて、でも手は動かしていない…
これじゃぁ何もできなくて、気持ちだけ焦ってるから家族にも冷たくなる。。。

ダメダメです。

多分、大きなシステムを受けてしまったのは間違い。
できるけど、しちゃいけなかったんだと今更反省です。

反省してても仕方ない。
最近の自分の甘さにさよならして、
会社勤めだった頃の自分に戻ってまずは納期までにできるようがんばろう。

今日が終わる…明日が始まるこの時間にふと思ったことでした。
[PR]
# by Hifumiffy | 2014-12-18 00:31 | ひとりごと | Comments(0)

安奈さん

中川安奈さんが亡くなられたのを知ったのは先月のこと…2014年10月17日、享年49歳でした。

短大の先輩でもある安奈さん、とても美しい人でした。
凛とした美しさは、遠くから見ていても「あ、安奈さんだ」とわかるほどのオーラがありました。

それほど親しくしていたわけではないのですが、特殊な学科だったこともあり、
1学年に男女合わせても50〜60人いるかいないかだったので、
お互いの顔をみれば「同じ学校の人」とわかるくらいの間柄ではあったと思います。

昨日、親しい方々を招いてのお別れの会があったそうです。
Facebookの「先生&卒業生&在校生専用」のグループのページに
お別れの会の写真が掲載してくださったので私も名古屋から安奈さんにお別れをさせていただきました。

真っ赤なバラに囲まれた安奈さんの遺影は、
本当に本当に美しく、せつなくなりました。

筋金入りの芸術一家のご出身で、
いろいろ苦労も多かったのではと思うのですが、
そんなことみじんも感じさせない方でした。

素敵でした。最期まで素敵…。

みんなが書いていたけど私も思う。
「素敵」という言葉が安奈さんにはいちばんぴったり。

天国で是也先生と再会されてどんなお話しされているのかしら…

ゆっくりお休みくださいね。
いつかまたお会いできたら今度こそ直接安奈さんに伝えたい…
「あなたに憧れていました」と。
[PR]
# by Hifumiffy | 2014-11-25 02:25 | ひとりごと | Comments(0)

秋の夕暮れに思ったこと

生まれてから人はずっと年を取り続けている。
今、私もどんどん年を取っている。

小さいうちは小さいなりに、目をみはるほど大きくなるのが早く感じ、
老いてくると、日々、老いを感じることが増えてくるように思う。

人から見たら、私の年の取り方も早いと思うのかもしれないが、
なぜか自分のこととなるとそんなに感じない…。

最近、父の老いを感じることが増えている。
夕飯を食べながら晩酌するのが楽しみな父(本当は飲んではいけないけれど)。

一杯をちびちび飲みはじめたと思ったら…、
テレビ見てたと思ったら…、
箸が止まって、気づくとうたた寝…

起きていられる時間が短くなるほど弱ってきたのかと思うと、せつない。
首が「ガクン」となると危ないので、ハラハラしながら見ているのが辛い。
「危ないよ」と声をかけると「うるさい!起きてる」と言い返されるのが腹立たしい。

いっしょにいると苦しくなるので、一人、部屋に戻ってしまう私。
戻っても切なくなるのだし、父に対して腹立たしく思える今が幸せなんだとわかってるけど…

年を取る父母の姿をみるのはとても辛い。
頼りにしていた背中がどんどん小さくみえるのが辛い。

結局一度も結婚せず、今や一緒に暮らしている私が
「いつまでもかわいい娘がいて幸せでしょ」と言うと、
「いいかげん親の義務から開放しろ」と言い返されるが、
その顔が笑っているのがうれしい。

ふと思い出した。

「○○(甥っ子の名前)の学生服姿は見られないかなぁ」と言った父のこと。
「あと何回桜をみることができるかなぁ」とつぶやいた母のこと。

年を取るのは辛いことなんじゃないかと思った。

もっと一緒にいたくてもいられないかもしれないと思いながら生きるのも、
もっと見たいことがあるのにみられないかもしれないと思いながら生きるのも、
何年も未来のことが話題になっても自分には関係ない…と思いながら聞いているのも、
どれも辛いんじゃないかと思う。

誰でもいつかは生きることを終えなければならない。
事故で突然…病気で突然…ということだってある。
けれどゆっくり確実にその日が訪れるのを待つのも辛い。

そんなことが頭に浮かんだ秋の夕暮れ。
[PR]
# by Hifumiffy | 2014-11-20 01:15 | 家族とのこと | Comments(0)

10年経ちました

気がつけば10年経ちました。
年々、時間が経つのが早くなるって本当だわ…と思いながら生きてきましたが(笑)、
まだ10年前なのね…という気もしています。

この10年の間に、世の中もいろいろ変わってきてて、
ブログって流行…って思ってはじめたはずなのに、
どことなく立ち位置が変わってきています。
(いい悪いじゃなくて、です。ブログのポジションが確立してきたのかな…)

IT業界にいるせいか、やれTwitterだFacebookだ何だかんだで、
いろんなSNSに登録し、
この数年の間に携帯がiPhoneに代わり、
何台目かのiPhoneを使ってる…。

相方と好き勝手に生きていられた東京の暮らしを捨てて、
少しは役に立てればと両親の元に戻ってきてる。

すさんだ心を癒してくれたぷう子は天国に召され、
今は時折写真を見ることしかできない…。

一人で仕事をするなら好きなことだけ選べると思っていたらそうでもなく、
しがらみはどうやってもできてしまうことを実感しはじめた。

もっと元気だった頃しか一緒にいなかった父母の老いを感じることが増え、
一人部屋に戻って涙することもしばしば…

自分の体調管理の甘さに今更反省しても間に合わないこともあると気づき、
これ以上悪くならないようにと思いながらもまた夜型の生活をしてる…

10年の間のこと、思い出すのはいいことばかりじゃない…
というよりあまりいいことは思い出せない自分にがっかりです。

これからの10年、どう生きるか…
10年後、何を思うのか…思えるのか、
とか言いながら、結局思うのは
「前を向いていられればいいかな…」
ってのが今の私^^;

無理せず無理なく無理させず、
がんばりすぎないでがんばりたいと思います。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
[PR]
# by Hifumiffy | 2014-11-13 00:12 | ひとりごと | Comments(0)

ビックリしたので…

先週末、10年以上前に母が購入してくれた布団のメンテナンスがありました。
で、その頃のこと、書いてないかなぁ…と久しぶりにブログを開いてみたら、
さすがにそんなに前のことは書いてなかったのですが、
2004年の11月から書いていたらしいことに気づいてちょっとびっくり…

もう10年経つんだなぁ…まだ10年なんだなぁ…
どちらとも思える、不思議な経年感覚。

いろんなことがあった10年でした。
いろんな環境の変化があったわりに、
今、こうして暮らしていることが不思議な気がします。

来月になったらまた何か書こうと思っているけれど、
今日はまずびっくりしたなぁ…記念ブログです。
[PR]
# by Hifumiffy | 2014-10-27 11:56 | ひとりごと | Comments(0)