重たい時間

父の事、母と電話で話し合う。
父の気持ちを尊重するのも大切だけど、
介護する家族のことも考えなければ成立しない。
けれど父の気持ちを考えると…

自業自得というのはわかっているけど、
家族のこととなると…父のこととなるとそんな風に割り切れるはずもなく、
何をどう決断しても
辛い現実がそこにあることに変わりがないのはわかっているけど、
少しでもいい時間を過ごしたくて、必死で必死で考えています。

辛い現実が次々と突きつけられる…
それがこの病気の本当の恐ろしさだったんだとわかったとき、
それが手遅れなのだと知りました。

甘く見ていてはいけない。
父に「お前も気をつけろ」と言われて軽く受け流していたけれど、
今の私にはそれがとても重たくのしかかる。

「糖尿病は本当に酷な病気です」
と何かのQ&Aに書かれたお医者さんがいらっしゃいました。
…重たすぎます。
[PR]
# by hifumiffy | 2011-05-26 21:51 | 家族とのこと | Comments(0)

ありがとうスーちゃん

2011年4月21日、キャンディーズのスーちゃんこと田中好子さんが天国に召されました。
享年55歳という若さでした。

私たち姉妹が歌謡曲が歌えるようになった頃デビューしたこともあり、
私たちはキャンディーズが大好きでした。
ボーイッシュなミキちゃんとふっくらかわいいスーちゃんが大好きでした。
ランちゃんはちょっとセクシー系だと子供ながらに思っていて、
「ランちゃんは男の人が好きになる人」…と思っていたりしたものです。

姉はずーっとキャンディーズが大好きで、さよならコンサートには行けなかったけれどLPを買って持っていて、
結婚するまでLPを大切に持っていました。

やさしい笑顔と何とも言えないふっくらとしたやわらかい声が心地よく、
夏のそうめんのCMを心待ちにしていました…最近みないな…と思っていたら…

人はいつか死んでしまうのはわかっているけど、やはり悲しいです。

ランちゃん、ミキちゃんの弔辞、心に響きました。
ずーっと仲良しだったんですね。
せつないけれど、少し優しい気持ちになれました。
[PR]
# by hifumiffy | 2011-04-25 19:03 | ひとりごと | Comments(0)

2011年の桜

今年もそろそろ満開の桜が見られる季節になりました。
ぷう子がいなくなってもう3年以上経ち、
思い出しても優しい気持ちでいられるようになってきました。
ぷう子の好きな公園に、今年は行けそうにありません。
自粛…ということではなく、物理的に行けないのです。
(ぷう子、ごめんね。今年は名古屋で桜を見ようね)

一旦は名古屋に帰ってきたものの、再度東京にでて、同業他社だった会社に就職しておりましたが、
この度、訳あって急遽本格的に名古屋に帰って参りました。
就職させていただいていた会社は…
名古屋に帰って一人で仕事を任せていただけるだけの信頼関係も築けぬまま、
4月末日付けで退職することにさせていただきました。

これでよかったと思います。
…少し悔しい気持ちがないわけでもないので正直な気持ちを書いておきますが…
思う存分仕事をしたとは思えないままで終わってしまったのは悔しいことです。
縁がなかったのは残念ですが、
入社させていただいた日に感じた違和感はずっとあって、
このまま萎縮しながら仕事をするのはお互いよくないことですし、
勉強させてもらうだけというのことも最初からお話ししていたことなのでこれはこれで…。

今年の状況で、この年で無職になるなんて、ものすごく無謀だと思うんですが、
そんなこと言っていたらいつまでたっても私は勇気を出すことができない。
私は経営者向きではない…母に言われた言葉ですが自身でも思っていることでした。
けれど、それを言い訳にして楽に生きる方法を探しているだけじゃないのかしら?とも思いました。

同じ歳の学友たちが、
一人でお店を始めたり個人経営者としてやって行こうと頑張っているのにも影響受け、
何もしないで「できない」と思うのはやめておこう。
やらないで後悔するよりやって後悔する方がいい(なんだか誰かの歌詞みたいかしら)

桜の季節…まだまだ大変なことはたくさんあるけど、
どんなことがあっても桜は咲く…そんな強さを持って新しい生き方をしてみようと思います。
[PR]
# by hifumiffy | 2011-04-03 00:55 | ひとりごと | Comments(0)

考える時間

東日本全体が大変なことになって2週間…。
名古屋にいると、普通の生活ができていて、テレビでみる東日本…
とくに地震・津波の被害が大きかった地域の方に申し訳ないほど普通に生活しています。

電気も供給されていて、停電の心配はなく、
こちらで節電しても関係ないとはいえ、やっぱり少し電気を使わないようにはしています。

さて、津波の被害にあった場所は復興させてはいけないという意見もあるそうですね。
特に被害が大きかった場所は過去に大きな津波で2度も被害にあっていて、
大津浪記念碑という碑があるそうです。
「ここより下に家を建てるな」
といったことが書かれているそうです。
…わかっていてもそう簡単にはできないです。
生活は毎日のこと、少しでも便利に暮らしたいと思うのは誰もが思うことです。

今回、地震の被害、津波の被害はあまりなかった東京ですが、
電気の被害で混乱していました(今もしているのでしょうが…)
福島の原子力発電所で
今も命をかけ、必死で働いてくださっている方々のことを思うと、
「停電くらい…」と思うし、「今はまだそんなこと考えてる場合じゃないでしょう」と思う人もいるかもしれません。
けれどこれから先の電気はどうなるのか…は誰もが考えなければならないと思うのです。
東京だけじゃなく、ここ名古屋も、です。

原子力発電のしくみが詳しく説明される機会が多い今、
初めてその恐ろしさ…危険性を知った人も多いと思うのです。私もその中の一人です。
それでも電気は必要です。
原子力発電をやめ、火力発電を増やしたって他の公害や燃料不足が起きるでしょうし、
水力、風力、太陽を使った電力、、、今の需要を満たすほどの力はないような…。

根本的な見直しが必要ですよね。
今、考える時間なんだと思うのです。
[PR]
# by hifumiffy | 2011-03-25 18:34 | ひとりごと | Comments(0)

なぜだ…パート2

先週に続いて、今週も私の大好きな「お父さん」の特別番組が放送されました。
今回は「放射能」「原子力発電」への理解を深め、不安になりすぎないように…いう主旨だったと思います。

先週は番組内に『敵』がいたような感じでしたが、
今週は専門家の教授も准教授も、番組の主旨にそぐった方が出演されていたように思います。

教授はとてもわかりやすく説明してくださり
「さすが教授ともなると一般人への説明も上手いのね〜」
なんて思ったり…
准教授はちょっと専門家らしいこだわりが邪魔していましたが、
政府機関から発表される事柄への憤りがとても熱く感じられました…いい悪いは置いといて…

番組の主旨がしっかり伝わり、
お父さんの締めの言葉でなんとなく「安心感」を持ったところで次の番組へのつなぎは…
「政府が水に乳児に影響があると発表しました」
みたいなコメントが入ってコマーシャルになりました。





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・あのさぁ〜、同じ局なんだからさぁ〜







・・・おかしいでしょう!

今週は番組の外、同じ局内に『敵』がいたように感じました。
なんだかお父さんがかわいそうだよ…
[PR]
# by hifumiffy | 2011-03-24 00:15 | 人のふりみて・・・ | Comments(0)

なぜだ…

昨夜、私の大好きな「お父さん」の特別番組が放送された。
「お父さん」とは池上彰さんのこと…
池上さんは、ニュースをみても「???」となってしまう私が一人でみられる唯一のニュース番組、
NHKの「週刊子供ニュース」のお父さんだから、今でも私の中では「お父さん」です。

まぁそんな話は置いといて、昨夜の番組はどうやら
「わからないから不安になってしまうのだから、わかって不安を解消しましょう」
という主旨だったと思うのですが、、、
地震の専門家だかなんだかわからないおじさんが出てきて、
人を不安にさせるようなことばかり言っていました。

「どこで地震が起きてもおかしくない」というようなことを言ったり、
「どこで地震が起きそうかなんてわからない」みたいなことを言ったり、
「これを私たちは○○と言っているのですが…」などと、
私たちには関係ない専門家ならではの用語の説明まで入れてくれたり…
(専門家であることを自慢したかったのかしらね)

お父さんもちょっと困っていたみたいに見えましたが、
もう少し主旨を理解した専門家はいなかったのかなぁ…と思いました。

そして、あまりにも不安になりそうだったので、
大好きな池上お父さんの番組だったけど、途中でチャンネルを変えさせていただきました<(_ _)>

うーむ、空気を読むのは大切ですね。
[PR]
# by hifumiffy | 2011-03-17 23:00 | 人のふりみて・・・ | Comments(0)

どんなときも

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震以降、
いろんな立場の人が、いろんな役割を持った人が、災害に遭われた人たちのために、
巻き込まれた人たちのために、不眠不休で働いてくださっている。
本当に本当にありがとうございます。

想定外のことがあってはいけないという人もいるけれど、
こんなに大きな地震がいくつも重なるなんてこと、想像できたのでしょうか。
仮に想像できたとしても、
起きるかどうかわかりかねることにたいそうな金額を費やしていたとしたら、
それはそれで困ることはなかったのでしょうか。
そこに文句は出なかったのでしょうか。

学者さんだか評論家だかわかりませんが、
被災地にいない人がテレビでいう言葉には時々いやになることがあります。

研究した結果を元に話してくださることには耳を傾けるべきこともあると思います。
けれど、今この状況の中、
必死になっている方に助言するとかエールを送るというならいいですが、
批判的なことを言うのはなぜなのでしょう。
今頑張っている人を陥れて「自分はエラい」といいたいのでしょうか。

あなたが批判した相手は仲間じゃないのですか?
あなたも今の状況をよくしようと思っているんだと思います。
あなたが批判した相手も同じように思っているんだと思わないのですか?

誰もが必死でがんばっています。
現場で頑張っている人は今何も言えないほどがんばってくださってるんだと思うのです。
テレビという大きな影響力をもつ場所で発言できる方々も頑張ってるとは思うけど、
言葉で人を傷つけたり足を引っ張ったりするのはやめてほしいと思うのです。

今、東京電力をランク下げという話もあるそうですが、
そんなランクを付けることができる余裕があるなら、他にもっと役立つことを発表してほしい。

今の政権は民主党が担っていますが、
この災害が落ち着いたとき、この災害の指揮をうまくとれなかったと管総理に退陣を迫る人がいるなら、
あなたなら何ができたというのか、わかるように説明すべきと思うのです。

虎視眈々と、今の状況を利用しようとしている人がいるような、
そんな国ではないと思いたい。

頑張ってくれている人が、精一杯頑張れるような、
応援する気風があれば、いろんなことがスムーズに進むかもしれない…そんな風にも思うのです。

どんなことでも見方によって変わることはあると思うのです。
どんなときでも考え方によって変わることがあると思うのです。
性善説では生きて行けないときもあるけれど、こんなときくらい、いいことをみつけましょうよ。

会見で「申し訳ありません」と東電の人が言っていたけど、
ちっとも申し訳なくなんてないと思うのです。
むしろありがとうございますと言いたいです。
こんなに頑張ってくれてるのに、
停電する可能性があることを先に知らせてくれたのに、
実際に停電しなくて済んだのはうれしい計算ちがい(本当は計算違いでもないけど)だったのに、
そのことまで文句をいうのはやめようよ…ね?
[PR]
# by hifumiffy | 2011-03-15 02:24 | 人のふりみて・・・ | Comments(0)

かなわない

5年くらい前、あたらしもの好きな母がブログを始めました。
半年以上書かないこともありながらも、ちびちび楽しむ母のブログ。
特別なことを書いているわけでもなく、
姉の子供たち…母からすれば孫のことを書いたり、家のことを書いたりするだけ。
母のパソコン仲間に宣伝するわけでもないので、読者は私だけかもしれないブログです。

そんな母のブログのほんのちょっとした一言が、心にしみいります。

新しい家を建てることになり、長年住みなれた家を壊すことになった寂しさ、
新しい家での暮らしにくさ、いろいろあると思うけど、
常に母は前向きに考えようとしているんだと、ブログを読んで思いました。

---
新しい事はいいことだ~(笑)
後は人生をどう生きていくか!と考えることにする!
---
話の前後がないと意味が分からないかもしれませんが、
どんなことも笑って過ごす母の力を感じました。

私は母にはかなわない…、改めて思うブログです。
[PR]
# by hifumiffy | 2010-12-29 21:22 | 家族とのこと | Comments(0)

大切なこと

長年勤めた会社を辞め、実家に帰ることにしたのは親との時間を大切にしたいから…

だったのですが、これからの仕事について考えた時、今のままでは足りないことが多すぎると思い、
同業他社で私が勉強させてもらいたいと思った会社に就職させていただくことにしました。

その会社は、私がいた業界ではトップの会社だと思います。
技術の高さはもちろんですが、それを維持するための努力も怠らない、すごい会社だと思います。
そのため、仕事は常にある状態…

営業力は…営業という部署がないこともあり、特別どうこうということでもありませんが、
ブランド力がすごいのです。
きっとブランド力を高めることがこの会社は営業できているんだと思います。

そんなすごい会社に入れていただけただけでも光栄で、がむしゃらに進んでいくべきだとも思うのですが、
どうにもそんな感じになれません。

週末だけしか帰れない家で、両親が肩寄せ合って助け合いながら暮らしていると思うと、
なんだか私の本当にやりたかったことはどうなってしまったんだろうと思ってしまうのです。

仕事しない娘を目にしていたら、両親だって心配になるでしょう。
だから仕事するのは必要です。
けど、
離れて暮らす時間とお金の無駄は、やっぱりいたしかたないと割り切るには忍びありません。

そろそろ決断の時がやってきたようです。
[PR]
# by hifumiffy | 2010-12-22 12:58 | 家族とのこと | Comments(0)

あんたは経営者向きじゃない

と、母に言われてムッとしつつも「私もそう思う」と返す言葉もなし。

そろそろ名古屋でどう生きて行くかを決めようと思っているのですが、
この年になって人に雇われるのも難しい…という年齢的な問題を言い訳に、
何より自身の気持ちの中で
「今更人に使われて、自分のペースなど関係ない生活なんてしたくない」
という思いもあって、なかなか素直に考えられませんでした。

客観的に見て、やはり母の言う通り、私は経営者向きな人ではないのです。
負けず嫌いではありますが、
社長になりたいわけでもないし、有名人になりたいわけでもないのです。
だったら自分のやりたいことができる環境と、
自分がやりたい仕事がしやすい環境が手に入るのなら、
「人に雇われる事を嫌がる理由はない」と思い切ろうと考えました。

「自分のペースなど関係ない生活」にはしたくないけど、
名古屋で生きて行く事ができることが第一に必要なことで、
それが軌道に乗ってからペース配分ができるかどうかを考えてもいいんじゃないかと…。

最初から自分のペースでできることだけにしぼって考えると、
自分にあまーい私は、だらりだらりと生きることを考えてしまいます。
大きくなろうとかそういうのではないけれど、常に成長していたいとは思うのですが、
自分のペースを守る事が第一になってしまうと、
今以上の事をすることができないような気もしています。

ということで、ようやく方向が決まりました。
さて、名古屋で働かせてもらえる会社を探しましょう。
[PR]
# by hifumiffy | 2010-05-21 01:54 | ひとりごと | Comments(0)

2007年桜とともに…


by Hifumiffy
プロフィールを見る
画像一覧