<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

高校で演劇部に在籍していたころの顧問の先生が今年の3月に退職されていました。

学校に遊びに行く約束をしていたのに、結局辞めてしまってからの連絡となってしまい、
学校外・・・居酒屋で先生と会ってきました。

高校生の頃からタメ口という、しつけの悪い生徒だった私。
普段だったら少しは敬語になっているはずなのですが、
どうもこの先生といるとタメ口。。。

先生もとうの昔に諦めたのか、今更だからなのか、
一向に注意されることもなく3時間ほど、
懐かしい、(先生曰く)バカ話をしてきました。

今更だけど、先生にとって学校は職場であって、
私たちにとっての学校とはちょっと違うってきくと、
なんだかなぁ・・・

「職場にはそんなに思い入れはないし、
 職場のために働こうなんて思ったことなんてない!」

なんてきくとますます凹みそうだったのですが、

「お前たちのことは違うぞ。
 生徒たちのために働いとったんやぞ。
 部活の残業だってなぁ、職場のためなんて思ったらやりたくないけど、
 お前たちがやりたいっていうからしぶしぶだけどつきあっとったんやぞ」

とニヤニヤ冗談だか本気だかわからない笑顔で話してくれました。

きっと本当にそうだったんだろうなぁと思います。

先生は女子校らしからぬ「ばんからな雰囲気」の先生でした。
定年退職した今でもばんからな雰囲気はそのまま^^;
とても女子高生に慕われる見た目ではないと思っていたのですが、
なぜかいつも生徒に信頼されていた先生でした。

久しぶりにあった先生。
二人であったのなんて初めてでした。

「たまにはお前とバカ話するのも楽しそうだなぁ」

と言ってあってくださったのですが、

「変わらんなぁ。バカなところはそのまんまやなぁ。
 褒めとるんだぞ」

成績もバレバレですが、性格もバレバレ。
バカなところが変わってないもバレバレでした^^;

「根気よく調べるとかだっ嫌いだろう。
 めんどくさくなるとぽいってすぐやめちゃう。
 ちゃんと調べないかんだろう。」

って、どこかで言われたような・・・

そうでした。短大でお世話になった先生にも「甘い」ところを指摘されたんでした。
卒業公演のアルバムがわりのパンフレットに、
生徒一人一人について書いてくれたのですが、
私にはこの文章が残っていました。

あまえを感じさせる口許を
からかえば、
大きな目を振り向ける。
たしかめて、ためして
虚に実感をあたえ
そのすがたに
情緒をながす。

あまえって?と自分では全く気づいていなかったのですが、
甘えがあったんですね。きっと今も。

先生と言われる人はやっぱりすごいなぁと思いました。

先生、定年退職って言ってたけど、
まだまだ現役でやれそうなのになぁ。

私たちにとっての先生は学校を辞めてもやっぱり先生だから、
まぁいっか!

夏にはまた先生を囲んでの食事会を企画中!
今度はみんなで先生と会う予定です。

[PR]
by Hifumiffy | 2018-06-26 00:31 | ひとりごと | Comments(0)

FileMakerと出会って

気がつけば、、、
人生の半分以上の月日をFileMakerと共に過ごしてきました。

自分で選んだわけではないけれど、
たまたま使うことになったファイルメーカーというソフト。

パソコンなんて触ったこともほとんどなく、
Macintosh(今のMac)なんて見たことも触ったこともなく、
キーボードを見ながら一文字ずつ入力しなければならない。
マウスで縦線を引こうとすると、、、
マウスが机からはみ出して線が引けない^^;

今思うと笑えるほど「わからない、できないこと」ばかりでしたが、
それでもちょっとがんばれば入力欄が増やせたり、
レイアウトが作れたりするファイルメーカーは楽しく使っていました。

まさかそれがここまで使い続けることになるとは思っていませんでしたが、
出会うきっかけを作ってくれた方々に感謝です。
ありがとうございます!私は今も使っているんですよ〜(と伝えたい)

FileMakerを使い続けていくうちに、
たくさんの仲間と出会いました。
関係者の方々と出会いました。

私はこの仕事をして本当によかったと思っています。
ありがたいことに、とても人に恵まれたと思うのです。
もちろん、どんな仕事をしていても、
同じように人に恵まれる環境はあるのでしょうが、
私はこの仕事をしてから特に人に恵まれたなぁと思うことが増えました。

出会いもあれば別れもあり、
新しくFileMakerを始める方もいらっしゃれば、
少し距離を置くことになる方もいらっしゃる。

当然のことなんですが、、、

またお一人、お仕事をお辞めになると、
少しゆっくりされるとのご連絡をいただきました。

そこにいてくださるのが当たり前のように思っていた方が
新しい場所を求め、離れていってしまうのはちょっぴりさみしいです。
また時々でいいからあちらのブログに立ち寄ってくださると嬉しいです。

またお会いできると信じています(^^)

[PR]
by Hifumiffy | 2018-06-01 02:24 | ひとりごと | Comments(0)

2007年桜とともに…


by Hifumiffy